嘱託産業医の契約形態について

嘱託産業医の契約形態について

弊社では、業務委託を中心に契約を行っています。

契約形態について

契約形態は、下記のとおり「業務委託契約」が中心です。

業務委託の契約形態
  • 企業より弊社が「健康管理全般」に関する業務を委託されます。
  • 弊社は、「健康管理全般」業務のうち、「産業医による業務」を産業医に業務委託契約し、
    社員の健康管理を行っています。
  • 上記の契約形態については、厚労省・労基署、税務署の承認を得て行っています。

業務委託契約のメリットについて

  • 転勤・産休などの緊急時に、すぐに休職・交代が可能です。
  • 毎月の請求業務などを弊社が代行し、事務的な負担を軽減します。
  • トラブルや要望があった場合、弊社が仲介に入り問題を解決します。
  • 延長等で料金の変動があった場合、双方に確認のうえ、請求処理を進めますので、金銭トラブルを
    防ぐことができます。

ご弊社で働くメリット

報酬は、原則下記の水準となっています。

≪月額基本料について≫
月額基本料について
  • 原則、1時間当たりの時給は、20,000円前後に設定しています。
  • 企業との交渉次第によって、上記金額よりも低い場合、高い場合がございます。
  • 複数の事業所を1人の先生にお願いする場合、月2回以上の訪問となる場合 は、ボリューム・ディスカウントとなる場合がございます。

時間延長料について

面談などで、定例の訪問時間をオーバーしてしまう場合は、 延長料として、時給20,000円を、 月額基本料に別途加算致します。

追加訪問料について

休職・復職判定などで、定例の訪問日以外の日程で、別途企業を訪問する場合は、
1回2時間までで、50,000円+交通費相当額を別途加算します。
また、健康セミナーなどを開催する場合、資料作成料として、10,000~24,000円を別途加算します。
資料の作成は、弊社でもお手伝いさせていただきます。

求人検索はこちらよりどうぞ
ご登録の流れ一覧 1分で登録完了!無料で登録する。産業医の求人・転職情報がメールで届きます。