嘱託産業医の契約形態について

医師等資格確認検索へのご登録のお願い

ドクタートラストでは企業様の求人情報をご案内するにあたり、

医師等資格確認検索へのご登録をお願いしております。

医師等資格確認検索をご存知ですか?

医師法第6条3項では医師免許を取得後、「2年に1度、氏名、住所などを厚生労働省に届け出なければならない」とあります。

本来は偶数年の年末の情報を翌年1月15日までに住所地の都道府県(提出先は概ね保健所)に届けることが義務付けられていますが、提出期間が短いため、失念される先生もいらっしゃるようです。こちらの申請を行っていない場合、厚生労働省の管理する「医師等資格確認検索」システム上で、お名前の確認ができなくなります。

>>>医師等資格確認検索

 

医師法第6条3項とは

” 医師は、厚生労働省令で定める2年ごとの年の12月31日現在における氏名、 住所(医業に従事する者については、更にその場所)その他厚生労働省令で定める 事項を、当該年の翌年1月15日までに、その住所地の都道府県知事を経由して 厚生労働大臣に届け出なければならない。  ”  (医師法 最終改正:平成二六年六月一三日法律第六九号) 

  • 平成29年1月15日までに申請を行っていない場合は、早急にシステムへの申請をお願いいたします。
  • システムご登録方法はこちらからご確認ください。>>>掲載申請書のご案内(PDF)

  • 届け出る内容は「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「医籍登録番号」「登録年月日」「主たる従事先情報(名称・住所・電話番号)」です。

医師等資格確認検索への登録をお願いする理由

成りすましなどによるトラブルの防止のため

近年、医師免許を所有していないにもかかわらず医療行為を行ったり、健診医に成りすましていた事件がございました。

こうした成りすましを防止するためにも、弊社では本登録をいただく際、履歴書をご提出いただくとともに、医籍番号や医籍登録年月日などを合わせてお伺いし、こちらのシステムで確認をさせていただいております。

確認が取れるまでは本登録とならない他、求人のご案内をいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

紹介先企業様が確認されるため

前述のような事件を元に、最近企業様では契約前にこちらのシステムを用いて先生の資格の有無を検索されるケースが見受けられます。

その際、お名前が検索結果に表示されないことによる無用なトラブルを防ぐとともに、先生方に医師法順守をお願いするべく、ご登録をお願いしております。

何卒ご理解くださいませ。

厚生労働大臣認可 13-ユ-301176